薄毛の原因

育毛の敵、危険な食材とは!?

寒い季節には体温の低下に気をつけましょう。

 

低音症は育毛にとってよくないだけでなく、身体のあちこちに悪影響が出るからです。

 

そんな、身体を冷やしてしまう危険な食べ物をご紹介します。

 

 

冬には基本的に冷たい飲み物は厳禁ですので、せめて常温にして飲むようにしてください。

 

夏の果物や野菜は身体を冷やすので、主に冬野菜を食べるようにしましょう。

 

朝は温かくて胃に負担をかけない おかゆがいいですし、芋や海苔なども積極的に摂って欲しい食材です。

 

味噌汁や豆乳なども身体を温めるいい飲み物ですし、鍋などは最も理想とする冬の食べ物です。

 

その他に、薄毛の人にとって気をつけるべき危険な食材は「牛乳」と「白砂糖」です。

 

牛乳は人間にとっては「異種タンパク」という毒(異物)です。 

 

元々、農耕民族の日本人は民族的に乳糖を分解出来ない人が多いので、牛乳を飲みすぎると下痢する人が多いのです。

 

その昔「牛乳は完全栄養食品だ」などと言っていた栄養学の先生がいましたが、 それは牛にとってのことで人間には必要のない飲み物です。

 

牛乳に限らず乳製品(チーズ・ヨーグルト)は嗜好品だと割り切って、出来るだけ食べないようにしてください。

 

白砂糖も危険です、「白砂糖は科学物質だ」と言っている人もいるくらいで、白砂糖は様々な方法で不純物を取り除いて 最後には漂白をして作るのです。

 

この不純物とはミネラルやビタミンなどの栄養素のこと。

 

栄養素を抜き、化学薬品で精製して作られる白砂糖は言わば人為的に作られた不自然な「科学物質」です。

 

実際、白砂糖を摂ると身体の中のミネラルやビタミン・カルシウムを大量に消費してしまいます。

 

甘いものが食べたい時は黒糖か、和菓子がいいでしょう。