薄毛の原因

脱毛症を発症する時期

タレントの森脇健児氏によると「ハゲは一気に来る」らしいですが・・・。

 

脱毛症を発症するのが最も多い時期は冬らしいです。

 

これは、年代や男女に関係なく、とにかく冬に集中しているそうで、これは気温の低下が最大の原因なのだそうです。

 

実際、寒くなるにつれ頭皮の温度も下がり血行も悪くなります。

 

 

BUBKA(ブブカ)などの育毛剤が一番良く売れるのも冬のようです。

 

体温が35度以下の人を低体温症と言いますが、この低体温の状態の人のことを東洋医学では「未病」といい病気でも健康でもない状態のことを指します。

 

低体温になると、育毛に悪いだけでなく風邪を引きやすくなったり、身体のあちこちに悪影響が出始めます。

 

身体のためにも育毛のためにも、普段から身体を温める生活を心がけましょう。

 

特に足の冷えは万病の元です。

 

電気カーペットや ひざ掛けなどは足や下半身を暖めるのに効果的です。

 

身体を温めるのに良い食材はショウガです。

 

特に黒酢にスライスしたショウガを漬けておくと、それだけで身体を温める黒酢ショウガの出来上がりです。

 

この黒酢ショウガにお湯で割って飲むだけで身体がポカポカしてきます。

 

さらに、ここで簡単に手軽に出来る身体を温める方法をもう一つご紹介しましょう。

 

それは家の中にいる時でもマフラーを首に巻いておくことです。

 

たった、これだけでのことで身体の温度は2〜3度違ってくるのです。