薄毛の原因

ハゲの兆候って どんなものがあるの?

ハゲになる前には 必ず兆候が現れる、といいます。

 

ハゲの兆候には様々なものがあり、よく言われるのが「兆候が現れると急速に進行しアッいう間にハゲになる」ということ。

 

かの、森脇健児氏の有名な言葉「ハゲは一気に来る!」でも分かるように脱毛は急激に来ることが多いのです。

 

では具体的に、ハゲの兆候とは次に挙げる症状のことです。

 

 

◆兆候1 抜け毛が異様に多くなる。

 

ハゲの兆候として脱け毛が多くなることはよくあることです。

 

ただし、抜け毛は通常健康な頭皮でも1日50本位あると言われていますから、本数だけで一概にハゲの兆候だという訳ではありません。

 

季節的なものや一時的に抜け毛fが増えることもあるのです。

 

 

◆兆候2 頭皮が微妙に黄褐色・茶褐色・赤褐色に変わっている。

 

通常、健康な頭皮の色は「青みがかった白」です。

 

毛穴がフケや皮脂などで覆われていると、頭皮が黄褐色から茶褐色へと変わっていき最後には赤褐色になるそうです。

 

ですから、頭皮が黄褐色になっっている状態なのは、非常に危険な状態だということです。

 

頭皮が炎症を起こしている場合などは頭皮が赤褐色になっている場合は、即 脱毛症になる危険な状態だということです。

 

 

◆兆候3 フケ・かゆみが激しくなる。

 

ハゲになる兆候として、頭皮がとてもかゆくなり、フケや皮脂などがはがれ落ちるような感じでボロボロと落ちる状態になることがあるのです。

 

これは、頭皮が弱っている状態である可能性が高く、非常に危険な状態だと言えます。

 

 

◆兆候4 抜け毛の中に「産毛」が混じっている。

 

抜け毛の中にウブ毛が混じってくるというのはヘアサイクルが異常をきたしていることの証明なので、非常に危険です。

 

これがいわゆる「脱毛の兆候」とも言える現象なのです。

 

 

◆兆候5 剛毛だった髪が細毛になってきた。

 

加齢によって毛髪の数や太さは次第に少なく細くなっていくものです。

 

ただ、10代や20代の若さでで髪の性質が変わってきた場合は、ハゲの兆候である可能性は非常に高いです。